外国為替相場がよく見えない

パソコンのディスプレイの前に座り、いつも動いているマーケットを見てしまうとすぐに取引をしなくてはいけないという衝動に駆られる方も少なくないと思います。

 

でも、不確かな直感で取引するのは、避ける必要があります。

 

ご覧の通り、相場は終日休みなくいずれかの外国為替相場が動いているし、市場も休みなく変動している。

 

しかし、闇雲に売り買いを重ねているとその回数分だけ損失が生じる確率が高くなってしまいます。

 

当然、売り買いの数を積み重ねる事で、少しずつ勝利する可能性が50%、50%になります。

 

けれどもこの事は「なんだか分からない直感でトレード」することとは別問題です。

 

トレード回数を増やすということは自ずから「ここがチャンス」と思える自信を得たケースでのトレード回数を積み重ねるという意味です。

 

ただ、次々と取引をするのとは明らかに違う。

 

相場の駆け引きに臨むには、自らよく考えてメリハリをつけることが肝心です。

 

「ここはいける」と思い至った相場の時には、いっそ所有ポジションを多くして意識して利益を追い求めます。

 

「少し分かりにくい為替相場で、どう上げ下げするのかわからないな」と思い至った時は、潔く所持ポジションをひとつ残らず諦めて何もせず静観します。

 

このくらいのメリハリがあったほうか、最後に注文は成功します。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

 

実に言葉どおりだと思います。

 

為替取引とは売買ポジションを持つことが全部ではなくどれも持たずにじっと待っている事も状況によっては相場です。

 

それならば、どういう時に休むべきなのでしょうか。

 

ひとつめは、前に述べたように、直近の外国為替相場がよく見えない時。

今後円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時は間違って判断すると、自分自身の書いた脚本とは逆の方向に為替相場が変動してしまい、損する事になってしまいます。

 

こうした場面ではポジションを閉じ何もせずに静観しているのがいいと思います。

 

ふたつめは、己の体の調子が思わしくない時です。

 

コンディションと為替相場に何の影響も与えないと考える投資家もいると思いますが大きく影響を与えます。

 

体の具合が思わしくなければ外国為替相場の大少な局面で、必要な決定をする事が難しくなります。

 

興味がわかない時は、マーケットから離れる事も肝心な事です。