正しく言うと

FX投資ビギナーが為替の要を見つけるには、トレードを重ねる事が重要です。

 

とりわけ、先に危機を予期するようになるようになるにはポカを繰り返す事も体験のひとつです。

 

もちろん、マイナスになるといっても命取りとなるほど決定的な損をする事は問題外です。

 

取り戻せるほどの間違いを何回も体験することが、結果的に己の経験値を高めてくれるはずです。

 

れを考えると、まずは小さな額でトレードを行ない、そこで数度取り戻せる間違いをすることを推奨します。

 

仮に、100万円だけしか投資する事が出来ない状況で、深く考えずに100万円を少しも残さないで投じて売買すると損した時、永久に立ち直れなくなってしまう恐れがある。

 

そのため、仮に少しずつ分けて注文してここで売ったり買ったりを重ねた方が段々とマイナスをカバーする方法なども身についていくはずです。

 

少ない額で投資することの利点は先に記したように、あなたの経験を増やし、負けを減らす方法を身に付けていく事にありますが、それと同時に、取引の回数を積み重ねる事でリスクを削減できるというメリットもある。

 

想定として、1回だけの取引で利益を上げられる確率が5割だとします。

 

すなわち、同じ確率で損失を生む可能性もあります。

 

勝率50%ということは2回に1回の確率で儲けられる事を表現しています。

 

だがしかし、全部の資金を使って1回こっきりの売買をするということは明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

これではただのギャンブルと同じです。

 

すなわち、全財産を使って1回こっきりのトレードしないとこの分だけ損する割合が高まります。

 

これを避けるために、資金を全部賭けるのではなく何回もに分けて、投資回数を重ねる事がリスク回避となります。

 

ただいくつかに分けたとしても、すべての取引で儲ける事は必須ではありません。

正しく言うと、勝利する事が出来ないのが現実だ。

 

トレードで肝心なのは、勝った回数ではなく、どれだけ儲けるかです。

 

勝率が2分の1でも、さらに勝率5割以下でも利益を出す事は出来ます。

 

それ以上負けてもその収益が小さければ、わずかな勝ちの儲けの大きさでうまく儲ける事が出来ます。

 

そのために不可欠な事は、損失を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

マイナスになったらすぐさま損切りし、それとは反対にプラスになる場合はなるべく大きく利益を出す事がFXビギナーがFX取引で利益を上げる極意です。