売買を始めるときに重要なこと

やっと取引する時という局面ではまずは事前対策をおろそかにしてはいけません。

売買を始める前であるとすれば、相場を客観的に眺める事ができる余地があります。

 

しかし、いっぺんトレードの内側に飛び込んでしまうとどうしても捉え方が客観性を欠くものになってしまいがちで、しっかりとした状況がわからなくなる可能性があります。

 

だからこそ精神が冷静な場面で、しっかりと事前準備をしておくことが不可欠です。

 

"事前準備"するためには、最初は自分だけのストーリー展開を書くことから手をつけます。

 

為替相場はこうなるだろうから、豪ドルを勝負するといった、あなただけの脚本を書いていきます。

 

次に大事なのはチャートを確認しましょう。

 

これまでの為替相場の上下動を見て、今の相場を見ます。

 

すると、「今現在は高いレベルだ」など、他には「もうたくさんの方がエントリーしているから、今さらエントリーしても今はもうやりようがない」ということが納得できます。

 

当然ですがもう買い(または売り)するのが間に合わないなと感じたならば、売買しないで、この状況ではきっぱりと吹っ切ることが肝心です。

 

どうしても自分なりの台本を譲らずに、トレードすると、為替相場にやられてしまい反対に為替差損を受けることになる危険があります。

 

とは言ってもたいがいの場合、準備が出来ている自らのストーリー展開を思い描いていると、取引が遅すぎるという場面にはならないと思います。

 

具体的に外国為替相場が上下動する前の状態のはずだからです。

 

続いては、とりあえずあなたがエントリーしようとしている通貨の動きを注意深く把握する事が肝心。

 

もし、ドル高になるという物語を考えたのであれば、該当する外貨の上げ下げに気をつけておきます。

 

マーケットの上下動をチェックし始めた段階では、まだまだ該当の外貨は明確に上げ下げする様子を見せないで上下にわずかな変動を繰り返しているだけでしょう。

 

ところが、その動きをしっかりと調べていると、ある地点でじわじわと、円安の方向へと外国為替相場が推移し始めます。

 

この状況でやっと、ドル円の新規取引します。

 

十分に計画を進めておけばその売買で稼げる可能性はぐっと高まるはずだ。